漆器・お食い初め・弁当箱・箸・本物の漆器を創業以来150年漆器のよし彦があなたの暮らしにお届けします|創業万延元年
木曽よし彦 うるしドットコム 漆器お食い初め・よし彦
新商品のご紹介 お客様の声 ご注文の仕方 初めての方へ ぬりもの辞典
 
うるしドットコムトップページへかごの中身
 
     
   

よし彦のこと

よし彦受賞歴

木曽漆器よし彦のことよし彦大正期漆仕入帳
                 大正期漆仕入帳

よし彦本店
※木曽福島町の町史によれば 木曽福島の漆器に関する歴史は室町時代・応永年間にすでにかなり盛んであったことが記されています

※弊社「よし彦」は万延元年(1860年)より 木曽漆器発祥の地木曽福島町八沢において漆器の製造卸問屋としてよし彦明治の品江戸・京都などに 良質な木曽ひのきなどを素材とした漆器を卸してまいりました創業当時の屋号を「吉田屋」といい 代々の当主の世襲名を「彦助」といいます(現在5代目) いつの頃からお客様より「吉田屋彦助」の愛称として「吉彦」・・・「よし彦」と呼ばれるようになり現在の店名になっております

 1990年11月に有限会社として法人化し現在5代目彦助が伝統の技を守り木曽福島本店と開田高原店で自社製品を中心に販売いたしております 代表取締役・加藤真和がサイト「うるしドットコム」の店主として運営いたしております良質の漆器の良さを現代生活に合うよう工夫しつつ インターネットでも安心してお買い物をしていただき塗り物の素晴らしさをご紹介してまいりたいと思っております
よし彦明治の製品







よし彦明治時代の作品
 
2011年2月15日の朝日新聞に掲載していただきました

 
 
 

漆器塗り直し【専門店の安心】いつでも塗り直し致します
営業日・カレンダー
2017年6月
        1

2

3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
赤マスの日が休業日です