漆職人の部屋 酒器ドットコムよし彦うるし工房

酒器ドットコム

創業140年の伝統の技を製造直売
木曽の漆塗り酒器専門店

お買い物5,000円以上代引き手数料無料
お問合せ
酒器.com
フリーダイヤル 0120−50−4415
10時〜18時(それ以降も留守電対応致しております)
トップページ ご注文の仕方 サイトマップ 漆器のお取り扱い ぬりもの辞典 お買い物カゴ
漆器よし彦漆工房
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 
ご利用ガイド
ご注文の仕方
買い物カゴの使い方
FAXでのご注文(自家用ギフト)
お支払いと送料につきまして
ご返品につきまして
漆器のお取り扱いにつきまして
ぬりもの辞典
会社概要・よし彦のこと
プライバシーポリシー
通信販売法に基づく表記
ウェブマスター
電話注文につきまして
海外へのお土産
商品カテゴリー
ぐい飲み ぐい飲み
ぐい飲みセット ぐい飲みセット
片口 片口
焼酎の器 焼酎の器
酒器セット 酒器セット
ワイングラス漆塗り ワイングラス漆塗り
ガラス漆塗り ガラスに漆塗り
盃 
ビールグラス ビールグラス
一人膳 一人膳
ウィスキーの器 ウィスキーの器
木曽ひのき酒器 木曽ひのき白木酒器
 銚子

2007年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業日 10:00〜18:00
店舗休業日
2007年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30 31          
営業日 10:00〜18:00
店舗休業日

木曽谷通信
メールマガジンのご登録解除


オンラインショップマスターズクラブ
OSMC正会員です

  

漆職人の部屋

よし彦うるし工房

よし彦漆塗り場
木曽町福島よし彦本店の地下、漆の匂いが常に漂う作業場は、足をいれたとたんに張り詰めた空気に緊張感さへ漂います
頑固であること・・・良質な木と漆・この二つにこだわり続けよし彦のうるし工房は140年製品を世におくりだしてまいりました
江戸時代末期の万延元年(1860年)中仙道の宿場町として栄えた木曽福島町(現木曽町福島)に、製造卸問屋としてよし彦が誕生して以来、漆を塗り重ねるように時を重ね創業以来140年がたちました
「伝統工芸を守ってきたという意識はない」と言う五代目彦助は常にお客様が使いやすいこと、安全安心な製品をお届けすることを頑固なまでに日々続けてまいりました

よし彦受賞
よし彦は山また山の木曽路の片隅で、日々のささやかな仕事を続けてまいりました

いつのまにか漆器の仕事を生業とさせていただいて140年、その間、時代の激しい変遷がありました。戦争による材料不足、”便利さ”ということが最優先の使い捨て時代、様々な時代も、ただ日々木と漆の声を聞きながら今日まで、同じ気持ちで仕事をしてまいりました
思わぬ賞をいただいたこともございます、支えていただいたお客様と多くの職人さんへ感謝の気持ちをこめてご紹介させていただきます

すり漆片口 漆器の技法のひとつ「すり漆」うるしの木から採った漆そのものを木の肌にすり込むという塗り方です
簡単そうですが、同じ工程を10回以上繰り返し、その間乾かしては塗るという作業をつづける根気のいる手作業です

知ればしるほど漆という塗料の不思議さが分かってきます
「湿度が高くないと乾かない」という性質もそのひとつ、もちろんホコリも厳禁です
そのため作業場にあるのが風呂(フロ)ですこの中に霧をふいて湿らせ、湿度を高くし(80パーセントほど)塗りあがった製品を入れて乾かします
何回かこの工程を繰り返します
漆器風呂

漆器渡し板 明治時代からよし彦うるし工房で使われてきた、製品を乾かすときに使う「渡し板」です、表目についている漆は先代彦助のものかそれとも先々代のものでしょうか

漆を塗る刷毛に最適なのは、女性の髪の毛だそうです
艶やかにしあげるためと、強い塗料の漆は粘度が高く、力がいる場合もあるためです、この刷毛も昭和初期からのものです
漆器刷毛

よし彦彦助
「決して手を抜かないこと、ごまかさないこと」
吉田屋・彦助を縮めて「吉彦」→「よし彦」に店名が生まれました、彦助という世襲名になってから50年近く、プラスチック製品の台頭などがありましたが、「いいものを作り続ければ必ず分かっていただける」という気持ちで安心と信頼をいただいてまいりました

漆鉢 漆を入れている陶器の鉢
通常は油紙などで空気を遮断して漆が乾燥しないようにしておく

漆自体は無色ですが、空気に触れると酸化するため茶色く変色します(リンゴなどと同じです)
このため漆は顔料を混ぜて使った場合も発色までに時間がかかります
漆は大変貴重なものです、一滴とておろそかにはできません
よし彦漆

漆器の手仕事はとても静かな作業です
火を使ったり、大きな音をたてたり、派手なパフォーマンスもありません

そこには、木と漆と向き合う人の姿があるだけです
漆器用へら


お買い物ヘルプ
酒器ドットコム買い物カゴ買い物カゴの使い方につきまして・詳しいご説明ページへ>
酒器ドットコム電話ご注文お問い合わせはお電話・FAXでもお気軽にどうぞ
フリーダイヤル:0120-50-4415→電話につきまして詳しく>
受付時間:AM10時〜PM6時まで、水曜日定休日 受付時間外も留守電対応致しております
FAX:0264-22-4005(専用回線24時間受付)
酒器ドットコムお支払い
代引き・500円以上手数料弊社負担いたします
クレジットカード (VISA・MASTER・JCB・AMEX)
銀行振込・先払い確認後の発送です
お支払い方法についてもっと詳しく >
酒器ドットコムご返品
商品の品質につきましては充分に注意しておりますが、万一不良品がございましたら、30日以内にご連絡いただければ、良品と交換させていただきます
お客様都合によるご返品は、商品到着後1週間以内にご連絡いただければ、交換・返品いたします(その場合は送料ご負担いただきます)
交換・返品についてもっと詳しく >
酒器ドットコム送料
送料は大きさ場所に関係なく全国一律で1配送先につき600円(税込)です
※一回のご注文で複数の配送先がある場合は、以下をご参照下さい
全送料 = 配送件数 × 600円
送料・お届けについてもっと詳しく >
酒器ドットコムプライバシープライバシー保護につきまして
お客様からお預かりいたしました個人情報の扱いには細心の注意をはらっており、外部へ漏らすなど決してございません
プライバシー・ポリシーについてもっと詳しく >
包装につきまして
酒器ドットコム包装
酒器ドットコムよし彦の包装紙は、創業140年の歴史と伝統の重みがございます
ご贈答品としてお使いいただければ、きっと先様へお気持ちが伝わります
・ギフトの場合はオーダーフォームの「ご意見通信欄」へその旨お書き添え下さい
・おのし紙ご希望の場合も「ご意見通信欄」へ”内祝 加藤”(結婚)などとお書き添えいただければ、対応させていただきます
・ご指定の無い場合は簡易包装にさせていただきます
木曽に140年の老舗よし彦が運営する漆器木工品のサイト
有限会社よし彦
〒397-0001長野県木曽郡木曽町福島5369
電話 :0264-22-2156
フリーダイヤル :0120-50-4415(ゴーヨシヒコ)
FAX :0264-22-4005
メール info@urusi.com
営業時間 :10:00〜18:00
定休日 :水曜日
よし彦本店 よし彦開田高原店
創業140年よし彦本店 憩いの漆器館よし彦開田高原店
Page Top ↑
HOMEお問合せサイトマップ
Copyright (C) 2005 酒器.com All Rights Reserved.