漆器・お食い初め・弁当箱・箸・本物の漆器を創業以来150年漆器のよし彦があなたの暮らしにお届けします|創業万延元年
木曽よし彦 うるしドットコム 漆器お食い初め・よし彦
新商品のご紹介 お客様の声 ご注文の仕方 初めての方へ ぬりもの辞典
 
うるしドットコムトップページへかごの中身
 
     
   

小判弁当箱割柾目特上品

弁当箱も「器」だと思わせてくれる弁当箱の極上の品です
うるしドットコムよし彦・オリジナル限定品(数量予定数になり次第終了させていただきます)
村地忠太郎さっとうかけ村地忠太郎へぎ村地忠太郎コロ

『宮内庁御用達の木地師』村地忠太郎の木地を漆塗りにもこだわって仕上げました

村地忠太郎弁当箱
木曽ひのきを薄く挽いて曲げる「曲物(まげもの)」職人として、70年以上現役の木地師の木地を漆で仕上げました。精緻でスキのない、曲げ物の木地は、漆をぬることによって、さらに美しく気品さへ感じられるほどの弁当箱になりました
手にとってみてその木地の軽やかさ・・・触ってみて漆の艶やかな感触を楽しんでいただけます・・・単なるランチを盛り付けていく道具から”器”としての風格を漂わせた、これ以上ない弁当箱の逸品です


この弁当箱は、当店、よし彦の二代目彦助が考案した「割柾目漆器(わりまさめしっき)」の技法を使って製作しております
木曽ひのきを柾に割って使う、という独特の製法は、くるいが少なく木が作ってくれるそれぞれの表情を楽しめる、風情ある品として、木曽の漆器らしい良質な製品として明治時代より使われてまいりました
 
曲げ物師:村地忠太郎
木曽に生まれ育ち、10代から木を薄く挽いて曲げる、曲げ物(まげもの)の第一人者として、雅子様の納采の儀の器など、皇室の依頼を数多く手がけるほどの、高い技術力を各方面から認められている、90歳の現役職人

当店よし彦とは古くから懇意にしていただいており、オリジナルの木地を特別に製作いただいております

弁当箱は大きさが二種類ございます
塗り方: 大・外溜塗り・内朱



【割柾目漆器につきまして】
割柾目漆器は樹齢300年以上の良質な木曽ひのきと、職人の手わざから生まれる伝統工芸品です、割ることで木地が強くなり、曲げることで職人の魂がそこに宿る器になります
当店よし彦の2代目考案のこの弁当箱は、木曽らしい漆器として古くよりご愛顧いただいてまいりました

割柾目弁当箱木地1
村地忠太郎割柾目木地製作
弁当箱の木地を割ることで、上質で丈夫な木地ができあがります
「へぐ」・・割ることをそうよんだことから「へぎ目」とも呼ばれる、この技法は当店オリジナルです
割柾目弁当箱木地
割柾目漆器村地忠太郎道具
「割った木地は丈夫だでなぁ」村地さんの手から割柾目の美しい木地が仕上がっていきます 村地忠太郎の道具には、木曽の伝統工芸の技が染みついています、特に割柾目の木地は木曽ひのきならではの伝統工芸品です
 


完売いたしました 19,950円

・送料:全国一律600円

包装・梱包につきまして
うるしドットコム買い物カゴ
買い物カゴのご説明

【専門店の安心】うるしドットコムでは製品の塗り直しを致します
漆器お取り扱い
 

弁当箱割柾目1
弁当箱割柾目ふた
木地は特上木曽ひのき
宮内庁御用達、村地忠太郎作

桜の皮で木地の綴じ目を編んでとめる、昔ながらの方法は手のぬくもりを感じます
弁当箱割柾目身
弁当箱割柾目大
樹齢300年の木曽ひのきを柾に割って作りあげた木地は側面も個性的で上質な表情をしています
外溜(ため)塗内朱塗
大きさ:長さ約17センチ巾約11センチ
深さ外寸約4.3センチ 内寸約3.5センチ
容量:550ミリリットル(水をいっぱいまで入れて)
 

【弁当箱天板につきまして】
この弁当箱は上質な木曽ひのきを使用しております。薄く挽いた木地を使いますので、天板(平らな部分の板)は二枚の木を組み合わせて作っております、漆を塗ったあと天板に筋が見えるのはそのためです、ご使用には支障がございませんので、ご了解いただきますようお願いいたします


木曽路大紀行 木曽路大紀行よし彦記事
木曽路大紀行(一草舎出版)にて当店よし彦(吉彦)の二代目考案の割柾目漆器についてご紹介いただいております
弁当箱暮らしの手帖

「暮しの手帖」編集長・松浦弥太郎著・日々の100に当店の村地忠太郎作弁当箱がご紹介されました


●うるしドットコム人気の弁当箱
木曽ひのき小判弁当箱
     
 
 
箸箱・箸 お弁当包み

 
 
 

漆器塗り直し【専門店の安心】いつでも塗り直し致します
営業日・カレンダー
2017年5月
  1 2 3 4

5

6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
赤マスの日が休業日です