漆器・お食い初め・弁当箱・箸・本物の漆器を創業以来150年漆器のよし彦があなたの暮らしにお届けします|創業万延元年
木曽よし彦 うるしドットコム 漆器お食い初め・よし彦
新商品のご紹介 お客様の声 ご注文の仕方 初めての方へ ぬりもの辞典
 
うるしドットコムトップページへかごの中身
 
     
   

小判弁当箱特上品

弁当箱も「器」だと思わせてくれる弁当箱の極上の品です
うるしドットコムよし彦・オリジナル限定品(数量予定数になり次第終了させていただきます)

『宮内庁御用達の木地師』村地忠太郎の木地を漆塗りにもこだわって仕上げました

村地忠太郎弁当箱
木曽ひのきを薄く挽いて曲げる「曲物(まげもの)」職人として、70年以上現役の木地師の木地を漆で仕上げました。精緻でスキのない、曲げ物の木地は、漆をぬることによって、さらに美しく気品さへ感じられるほどの弁当箱になりました
手にとってみてその木地の軽やかさ・・・触ってみて漆の艶やかな感触を楽しんでいただけます・・・単なるランチを盛り付けていく道具から”器”としての風格を漂わせた、これ以上ない弁当箱の逸品です.
宮内庁御用達村地忠太郎
曲げ物師:村地忠太郎
木曽に生まれ育ち、10代から木を薄く挽いて曲げる、曲げ物(まげもの)の第一人者として、雅子様の納采の儀の器など、皇室の依頼を数多く手がけるほどの、高い技術力を各方面から認められている、90歳の現役職人

当店よし彦とは古くから懇意にしていただいており、オリジナルの木地を特別に製作いただいております

塗り方: 外溜塗り・内朱

数量限定販売です
現在、ご注文をお受けしております
数量はわずかでございます
↓↓↓↓↓↓

(完売の場合はカウンター数量が0になります)
弁当小判特上

完売いたしました 15,750円

弁当小判特上使用例
弁当小判特上大大きさ
木地は特上木曽ひのき
宮内庁御用達、村地忠太郎作
塗りは外溜、内朱塗り
大きさ(外寸)
16センチ×11センチ高さ4.5センチ
弁当小判特上小深さ
大きさ
小:長さ15センチ×巾10センチ×深さ4センチ
容量:一杯まで450ミリリットル
 
 

【弁当箱天板につきまして】
この弁当箱は上質な木曽ひのきを使用しております。薄く挽いた木地を使いますので、天板(平らな部分の板)は二枚の木を組み合わせて作っております、漆を塗ったあと天板に筋が見えるのはそのためです、ご使用には支障がございませんので、ご了解いただきますようお願いいたします


大人のウォーカー大人のウォーカー11月号
宮内庁御用達木地師の弁当箱が「大人のウォーカー11月号」に、本物にこだわる大人の道具として掲載されました
暮らしの絵本(パッチワーク通信社)2007年春号にて、当店の弁当箱がご紹介されました
弁当箱暮らしの手帖

「暮しの手帖」編集長・松浦弥太郎著・日々の100に当店の村地忠太郎作弁当箱がご紹介されました
弁当箱暮らしの手帖日々の100

●うるしドットコム人気の弁当箱
木曽ひのき小判弁当箱
     
 
 
箸箱・箸 お弁当包み

 
 
 

漆器塗り直し【専門店の安心】いつでも塗り直し致します
営業日・カレンダー
2017年6月
        1

2

3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
赤マスの日が休業日です